熱中症と脱水

東京五輪は閉会式を迎えましたが夏の暑さはまだまだ続きますね。この時期は台風が発生し湿度も高くなり熱中症の危険性がまします。
熱中症と脱水の両方に注意喚起がされていますが、この2つの違いはなんでしょう。

熱中症

熱中症は体温調節機能が破綻または低下により生じる健康障害の総称です。
Ⅰ度からⅢ度の重症度があり以下の症状がでます。

Ⅰ度・・・めまい・こむら返り
     立ちくらみ。頭がフラフラするなど体調の不良が現れます。
Ⅱ度・・・頭痛・吐き気・倦怠感
     体に力が入らない。立っているのが辛いなど。
Ⅲ度・・・意識の障害・けいれん・体温の異常な上昇
     手足の運動障害。体に触れると熱さを感じるほど体温が上昇します。

熱中症=暑い日になる。とイメージがありますが熱中症の原因を大きく3つに分けることができます。

環境・・・気温・湿度・風がないなど
     高い気温だけでなく寒暖差が10度以上ある日も熱中症は好発します。
     体が暑さに慣れていない初夏や急激に暑くなった日は熱中症搬送者が増える傾向があります。

身体・・・乳幼児・高齢者・体調不良・持病・二日酔い
     乳幼児や高齢者は暑さを感じにくいため気づいたときには熱中症になっている場合があります。
     体の機能が本調子でないと体温の調節も上手く行われません。

行動・・・運動・作業
     激しい運動や長時間の作業による大量の発汗、水分摂取不足。
     汗として出す水分が足りず体温が上昇してしまいます。

脱水

脱水は体の水分が不足している状態。のどの渇き・めまいなどの症状があります。
熱中症になると重症度によって脱水の症状がでます。

熱中症と同じく環境や行動によって脱水になりますが
身体から出る水分>摂取する水分 となることが大きな原因です。

予防

熱中症と脱水の予防は以下が重要です。

・こまめな水分補給と休憩をとる。

・体調や気温に合わせた空調の設定、活動時間の調整

まだまだ暑い日が続きますが健康に過ごせるように熱中症・脱水には注意してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA