名前のチカラ

僕と社長の出会いは「名前」に関するセミナーでした。セミナーで出会ったことがキッカケとなり今では一緒に仕事をしています、人生何があるかわかりませんね。
セミナーの内容は名前から連想する絵を描くことと発表、話し合いなど。会を終えるとスッキリした気持ちとやる気が出たことを覚えています。昔から人と話すと力が湧くことが多いです。

突然ですが私の名前は『孝太(こうた)』といいます。優しく、そして太い人生を歩んでほしいと両親がつけてくれました。
つい最近まで10キロ以上減量するまでは「人生ではなく体が太くなってしまった」と小言を言われてました。(笑)
母よ、今から太い人生歩むからね!

名は体を表す

名は体を表すとは、名前はその物や人の性質や実体をよく表すものだということ。

引用ー故事ことわざ辞典ー

このことわざは正しいと思います、なんせ僕は太っていたから。(笑)
冗談はさておき、名前に人の性質が表れるとは凄いですね。僕の性格は親が名前に込めた思いをもって育ててくれたからこその性格だと思っています。人は他者からの想いや考えの影響を受けるからです。
でも自分自身で考えて意味を持たせることも大切だと思っています。太い人生とはなんだろうなって考えて自分のイメージを持ったことで行動ができるようになりました。
ふしぎと「こーた」と呼ばれると力が湧いてくる。

ニックネームに意味を持たせた

自分で考えてイメージや意味を持つことが大切だと感じるエピソードが。

僕は仲間から「こーとぅ」と呼ばれています。(「こ~とぅ」表記も好き)
あるイベントに参加したところ、すでに「こーた」と呼ばれる人物が存在しており、『2人目のこーた』→『こーた2』→『こーとぅ』となったわけです。
気持ちのいいものではありませんでしたがフルネームで呼ばれるのも名字で呼ばれるのも壁を感じるので受け入れていました。

ニックネームの由来を聞かれることが多く、それが良いイメージを持ちたいと思うキッカケになりました。
そして思いついたのが2つ

①こーたの進化系としての「こーとぅ」
②Go toのダジャレ 「こーとぅGo toどこまでも」

①は由来の「こーた2」をこーたが進化したものと捉えることにしたもの。パワーアップした存在
②はGo toキャンペーンのときに 「こーとぅキャンペーン」とダジャレを言われたのが好機に、新たな自分へどんどん進めるイメージがわきました!

この2つのおかげで「こーとぅ」の名前が好きになることができ、その後いろいろな話が舞い込んできたりと好転しました。

名は体を表すというけど表すのは自分自身、名前をキッカケに自分について考えてみるのはどうでしょう?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA